トップ 医師調査一覧 連絡がなく、外来・検査に来ない患者の対応

調査期間:2011年7月27日 ~ 2011年8月2日





連絡がなく、外来・検査に来ない患者の対応

約半数が、状況に応じて事務員または看護師が患者に連絡している

リサーチ結果概要

  • 「連絡のないまま、外来・検査に来ない患者の対応」について、「状況に応じて事務員または看護師が連絡する」という回答が最も多く、48%となった。特に連絡が必要とされる例は、「結核など公衆衛生上問題がある症例」「精神疾患で、症状が著しく不安定な方で来院されない場合」「術前や術後に来院しなくなってしまった場合」「悪性疾患」「てんかん患者」など。さらに、「内視鏡検査や特殊検査など準備を要する検査」も挙げられている。
  • 「そのまま放置する」は28%。「患者の自己責任・選択の自由」「生命にかかわるような検査ではない」「他院で受診しているかもしれない」というコメントが多い。ただし、「検査結果に異常値がある場合」など、「状況に応じて連絡することもある」という。
  • 「全例で連絡する」という回答は医師、事務員からを合わせて10%。「のちのトラブルを避けるため」「安否確認の意味もある」といったコメントがみられた。

調査内容

調査目的「連絡がなく、外来・検査に来ない患者の対応について」
調査方法インターネットを利用したアンケート調査
調査期間2011年7月27日 ~ 2011年8月2日
調査対象MedPeer会員医師
調査地域全国
有効サンプル数合計2,497サンプル

質問内容

混雑している中、外来、検査の予定をしたのに、来院されない患者がいると、こちらとしては、やりきれない気持ちになりますが、放置すると、トラブルに発展する可能性もあります。

先生方の病院では、どうされていますか?

1.状況に応じて事務員または看護師が連絡する
2.そのまま放置する。
3.状況に応じて医師が連絡する。
4.全例で事務員または看護師が連絡する。
5.全例で医師が連絡する。
6.その他

回答:クイックリサーチ(2,492件)

 回答件数比率
A状況に応じて事務員または看護師が連絡する1,20048.2%
Bそのまま放置する70828.4%
C状況に応じて医師が連絡する30412.2%
D全例で事務員または看護師が連絡する2178.7%
E全例で医師が連絡する180.7%
Fその他451.8%
2,492100.0%

回答:コメント

A.状況に応じて事務員または看護師が連絡する。   1,200件
  • 状況にもよるが原則連絡は入れる。単純に忘れていることもあれば特殊な事情であることもまれではない。(入院中など)(50代、消化器外科)
  • 精神疾患で、治療を受けないと問題行動を起こしうる患者の場合は、積極的に病院が受診を働きかける。(50代、精神科)
  • 生存確認を含めて、誰かが電話します。準備した薬剤がダメになる場合もあるので、ドタキャンの場合、費用負担が生じる場合もあります。(50代、総合診療)
  • 基本的に、予約再診に来られなかった場合、後日に来院をお勧めするようにしています。 他の病気で他院に入院していたり、ご本人のお考えで転医していたりする場合もありますので、「当院への来院をお勧めしたがご本人の意思で来院せず」ということならその後はご本人任せにしています。 ドタキャンは困ったものですが・・・(30代、形成外科)
  • てんかん患者を主に診ているので、薬がなくなると発作を来します。一応、1週間分余分に処方はしていますが、念のためなぜ来ないかを連絡して薬が残っているかを確認している。(60代、小児科)
  • がんの経過観察中、悪性疾患を疑い検査中の患者については連絡します。(50代、泌尿器科)
  • 外来に関しては、いちいち連絡しませんが、心エコーや核医学検査などの際は看護師が連絡します。コストなどの問題もあるので。(40代、循環器内科)
  • 連絡するかしないかは、病状の重篤度と、普段の本人の態度に依る。真面目にきちんとして居る方なら連絡して確かめる。 普段からいい加減な方は、申し訳ないが対応する時間の無駄な事が多く、最近は放置が多い。(60代、一般内科)
  • 通院フォローの必要な患者さん(たとえば術後の患者さんなど)については、医師から事務員の方へ、連絡の依頼をします。(40代、整形外科)
  • とりあえず連絡します。再診で結果説明の場合は特に。あとで文句言われても困るので。また、いつまで患者さんを待っていればよいかわからないので、診察終了時に連絡しています。自分自身も帰宅しなくてはなりませんので・・。(30代、産婦人科)
  • 透析中の患者さんや、予約日に大切な検査や処置が組まれている場合は、必ず連絡を取ります。(50代、救急医療科)
B.そのまま放置する。  708件
  • 基本的に、検査をしないことを患者が希望したものと判断し、連絡はしません。患者自身が、その旨を病院に連絡するのが、常識と思いますので(40代、耳鼻咽喉科)
  • 普通は病院に来るのも検査を受けるのも患者の自己責任・選択の自由と言うことで放置しています。そこまで面倒を見ないといけないものでしょうか?ただし、いつも決まった時間に来院されている方などの場合には連絡することはありました。(30代、老年内科)
  • 基本的には患者の自由だと思います。癌の患者などで心配な時は連絡をすることもあります。(50代、一般内科)
  • 当方から連絡するのは過干渉かもしれないし、病院から家族や職場へ連絡が来るのをいやがる人もいる。(40代、一般内科)
  • 気になることもありますが、あちらにも都合がつかなかったのだろうと考えます。忘れていただけの人はまた改めて予約の取りなおしの電話がかかってきます。こちらがどうしてもフォローしたい重要な症例であれば、逆に電話をかけて来てもらいます。(40代、一般内科)
  • 来院しない場合、こちらから連絡することはしない、と予約段階で患者さんに言うことにしています。(40代、一般内科)
  • 基本的には自己責任だと思うのでこちらから連絡はしません。ただ私は、悪性の可能性がある場合の検査については一度だけは看護師に連絡してもらいます。二度目はしません。外来は予約制ですが、初診の人でも電話で予約が取れるせいか、すっぽかす人がかなりいるので、いちいち連絡していると仕事になりません。(30代、一般内科)
  • 病院に来るも来ないも本人の意志でしょうし。しっかりと検査、フォローの重要性を説明したらあとは本人にお任せします。(30代、消化器内科)
  • 緊急度の無い、また、生命にかかわるような検査では無いので特に連絡は入れていません。勿論、生命予後に関する検査ならば連絡します。(50代、麻酔科)
  • 予約は患者の希望によって取っているので、都合が悪いか、忘れたかは患者の責任であると考えている。確かに予定がくるい迷惑を被るが、あえてこちらから連絡はしていない。それによってトラブルになることもないと思う。(50代、皮膚科)
  • 自己責任だと思います。 毎日100人くらい予約が入っているので来なかった人の事まで面倒は診ていられません。(30代、耳鼻咽喉科)
C.状況に応じて医師が連絡する。  304件
  • 悪性腫瘍などの再発で生命に大きくかかわる疾患の場合には医師自ら電話をして来院を促す場合がある。(40代、一般内科)
  • 連絡は事務か看護師で必ず。「来院しないことにより特に患者さんの予後に大きな不利益となる場合等」で「さらに医学的な説明を要する時」など、必要に応じ医師が連絡をとることもあります。連絡が取れてもとれなくてもその旨をカルテに記載します。(40代、麻酔科)
  • 看護師や事務員が連絡してトラブルになったことがあり、医師が連絡することが多くなりました。(50代、産婦人科)
  • 内服を止めると、すぐに再発しそうな統合失調症の方にはスタッフか自分で電話します。(30代、精神科)
  • この様な行動をとる患者は一般に検査の必要性などを認識していない事が多く、事務職員では真意を伝えきれない事も想定されます。(50代、皮膚科)
  • 経過が気になる人は連絡します。ただしこちらに余裕があるときですが。看護師・事務から電話をもらうことはよくあるらしく、医者が電話すると恐縮して来院してくれるようになる人も一部います。(30代、小児科)
  • たいていは事務スタッフが連絡してくれますが、連絡しても来院されない場合、重症度に応じて連絡を取っています。それでも来るつもりがない場合は仕方ないですが、ひとつの手続きとして「説得を試みた」という事実はいまの世の中では必要かと。(40代、眼科)
  • 精神科なので、どうしても外来が途絶えると病状が気になります。自分で連絡をしています。(40代、精神科)
D.全例で事務員または看護師が連絡する。  217件
  • 最近は独居の高齢者も多いので、自分の意思で来ないのか、あるいは来られない状況なのか、確認したほうがいいと思う。(50代、麻酔科)
  • 最悪で、体調不良で病院に来ない患者もいますので、基本的に全例に電話確認しています。(40代、一般内科)
  • 1度は、連絡先に電話をして、つながれば理由を聞く。連絡が出来なければ、連絡しようとしたことをカルテに記載しておわり。(40代、一般内科)
  • 日時間違いで後日来院されるとトラブルの元になるので確認の意味で全例連絡を入れます。 うっかり忘れているケースが大半ですが、日にち勘違いというのも1割程度はいます。もし連絡しないと ダブルブッキングとクレームの元になりかねません。2割程度は患者の意志で検査を拒否というのも ありますが。(50代、耳鼻咽喉科)
  • 基本的に約束の時間になっても来院されない方には事務か看護師より自宅の方に電話を入れています。また2回連続で未来院の場合には検査の予約をお断りしています。(40代、一般内科)
  • 患者が忘れていることが多いが、連絡をもらえなかったことを病院のせいにされたこともあり、確実に連絡をしたという証拠を残して、のちのトラブルにならないことを心がけている。(50代、消化器外科)
E.全例で医師が連絡する。   18件
  • 不必要な予約はしていないので、全例、状況を確認して対応をしています。100人に一人ぐらいでしょうかね。(50代、消化器外科)
  • 基本的に予約検査は対人検査なので医師が対応します。かかりつけ医ですから、地域の評判でもあります。(50代、一般内科)
  • こないと心配です。たまに患者さんが、亡くなっていることがあります。(50代、一般内科)
F.その他・無回答  50件
  • 当院では全員の人に検査前日に電話し確認をしていますので(予約日に前日に確認の電話をすることも話し、必要において携帯電話の電話番号も聞いておきます)、連絡もなくキャンセルされる人はほとんどありません。これだけして勝手に来ないのであれば、それは当方の責任ではないでしょう。(50代、一般内科)
  • その日に対応を取ろうとしても無理なことが多いです。次回来院時に、検査の無断キャンセルは他の患者さんの迷惑になる可能性がある(検査枠を無駄にする)ことを説明するようにしています。(50代、一般内科)

その他のテーマ


テーマカテゴリー


トップ 医師調査一覧 連絡がなく、外来・検査に来ない患者の対応